合宿免許の通学との違い

自動車の免許を取得するためには、自動車学校に通って、しっかりと技能の訓練を受ける必要がありますが、自動車学校では通学のほかに、合宿免許を行っている場合があります。

これは、自宅から通う通学とは様々な点で違います。

まず、宿泊施設で寝泊まりすることになります。



宿泊施設は自動車学校のほうで提供されますが、ホテルだったり、専用の宿舎だったり、合宿免許先によって違うので、よく比較する必要があります。
同じ合宿免許でも、複数の宿泊施設から選択が可能な場合、費用や食事、自動車学校までの距離、また周辺情報などを比較しながら、一番気に入った宿泊施設を選択することになります。

二つ目に、教習の予約方法が違います。通学の場合は、自分の好きな日の好きな時間を予約することができます。



しかし、希望日に予約がいっぱいな場合は、別に日に変えなければなりません。

インストラクターの数が限られているので、予約ができない日があったり、一日の予約数も限られています。
それに対して、合宿免許では自分で予約を入れることはありません。
すべては初めから自動車学校のほうでスケジュールが決められており、それに従うだけです。



そのためスケジュールが合わないと、参加することができません。
しかし、スケジュールが問題なければ、一日の教習時間が通学に比べて多いために卒業までの日数が早くなります。返金的な卒業までの日数は、通学で1~3ヵ月、合宿免許で2週間程度となっています。