合宿免許の期間の延長

合宿免許というのは、自宅からドライビングスクールに通学するのと違い、合宿をしつつ、短い期間内での運転免許取得をめざすものといえます。
この合宿については、ドライビングスクールの周囲にあるホテル、旅館、場合によってはドライビングスクールがもっている宿舎といったところになりますので、これまでであれば自宅からの通学に必要となっていた移動時間や、技能教習での配車予約といった待ち時間を省略する効果が大きいのです。
ドライビングスクールごとに違いがあるものの、合宿免許は標準卒業日数とよばれる日数がそれぞれ定められており、その日数のなかで完結するように、毎日のカリキュラムも組まれているものです。

パンフレットやチラシでもそうした日数は宣伝されているはずですので、この日数をみながら合宿免許のプランを選ぶというのがふつうといえます。

しかし、なかには運動神経や反射神経に問題があり、実際に教習で自動車のハンドルを握った場合には、操作がうまくできない人というのも一定数はいるものです。



こうした場合、標準日数を超過してしまうことは、避けられないといえます。



もしも標準日数を超過した場合ですが、その時点で卒業をあきらめて退校処分になってしまうということはありません。


一定の延長料金として定められている金額を支払うことによって、そのまま残りのカリキュラムをひきつづき履修したり、場合によってはマンツーマンでの補習をしてもらうといったことも可能であるのです。

また、なかには卒業保証というプランもありますので、こうしたプランをはじめから選択しておけば、超過料金は保証の限度で支払わなくてよいため、大変便利といえます。