二輪車も合宿免許制度を利用できます

合宿免許と聞くと自動車の免許というイメージがありますが、実際には自動車だけではなくて二輪車の免許証を取得する際にも合宿免許を利用することが可能です。二輪車は四輪車とは異なり転倒する可能性がある乗り物なので、四輪車のように一日1時間程度の練習では上達が遅くなるために合宿免許を利用して一日で数時間二輪車に乗る練習をすることによって、早期に免許証を取得することが可能になります。



合宿免許は入所から卒業までの間自動車学校で生活をするために入所の際には様々な説明を受けることになりますが、重要な説明なのでしっかりと話しを聞きましょう。

しかし、四輪車のように全ての自動車学校が行っているのではなく、一部の自動車学校のみが二輪車の合宿免許を行っています。

自動車学校によっては合宿で二輪車の免許を取得することで割引が適用されるキャンペーンを行っている場合があるために、通学よりも安い学費で二輪車の免許を取得できるチャンスも隠れています。



交通マナーは各都道府県によって異なりますが、無事故を目指すためには交通マナーの良い地域の自動車学校で免許を取得する方が卒業後のメリットも大きいでしょう。

合宿で免許を取得する人は学生が多いのですが、定年になった人の場合にも学生と同様に自由が利くために、合宿で免許を取得する人が増えています。


免許は年齢に関係なく取得が可能なために高齢者になっても二輪車の免許を取得して第二の人生を歩き始めることも可能です。